HOME > アカシック.リーディング > メッセージ・リーディング 20171231

2017年の総括

2017.12.31 リーディング No.15393

質問2017年に起きたさまざまな出来事とその霊的意味、天の意図をお伝えください。2017年の総括をお願い致します。

ソース:日本においてはこれからの30年、50年、70年ほどは、「福祉」「保険」「医療」「教育」などにおいて、大変厳しい期間を経ていくことになりそうです。少子化に伴う高齢化社会の影響です。

2017年を振り返って見てみます。

1月には、以下のようなことがありました。1日には、トルコのイスタンブールにあるナイトクラブで、銃の乱射がありました。これによって100人以上の方々が死傷されました。イスラム国(IS)が犯行を声明したのです。このことから2017年は幕が明けました。20日には、ドナルド・トランプ氏が第45代のアメリカ大統領に就任しました。国際的な協調路線は軽んじられ、アメリカ第一主義を強調しました。実際、その方向でアメリカは進んでいくことになりました。25日には、稀勢の里が横綱に昇進しました。72代横綱としてです。日本出身の力士の横綱は、1998年の三代目若乃花以来、実に19年ぶりのことでした。27日には、東芝が半導体事業の分社化を決定しました。アメリカの原発事業での巨額損失の穴埋めとして、新会社の株式売却を迫られたためです。

2月には、以下のことがありました。9日、森友学園への国有地売却に疑惑が生じました。近隣の国有地より格安だったことが判明しました。近畿の財務局では、価格を非公表にしていました。

3月には、以下のことがありました。27日、栃木県那須町の雪崩で高校生たちが多数亡くなられました。県の高校体育連盟の登山講習で、生徒7人と教員1人が亡くなられたのです。同じく27日には、2017年度予算が成立しました。総額は97兆4,547億円。防衛費や社会保障費が増えて、これで5年連続になり過去最大を更新しました。28日には、ほかの人のiPS細胞を使った手術が実施されました。理化学研究所などのチームが、目の病気の患者さんに移植しました。5人の患者さんたちに対して行われ、その安全性が評価されました。29日には、東芝のアメリカ原発の子会社ウェスチングハウスが経営破綻しました。31日には、パク・クネ前大統領が収賄や職権乱用の疑いで逮捕されました。

4月には、以下のことがありました。3日、ロシアのサンクトペテルブルクでテロがあり、地下鉄車両の中で爆発がありました。これによって14人の方々の命が犠牲になりました。12日には、浅田真央選手が引退の会見をしました。26歳でフィギュアスケートの競技から引退することになりました。21日には、天皇陛下の退位を巡る有識者会議が最終報告を取りまとめました。退位後の呼称は「上皇」に決まりました。

5月には、以下のようなことがありました。3日、安倍首相は憲法9条に自衛隊を明記する案など、新憲法の2020年施行に言及しました。こうして憲法9条に、自衛隊明記の案が出されました。16日には、秋篠宮家の長女眞子様が婚約することになりました。その婚約のお相手は大学時代の同級生小室圭さんでした。挙式は2018年月11月4日の予定となりました。22日には、イギリス中部のマンチェスターで自爆テロが起きました。アメリカの人気歌手、アリアナ・グランデさんのコンサート会場で発生し、22人もの方々が犠牲になられました。

6月には、以下のことがありました。6日、茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構で、プルトニウムなどが入った容器の点検中、作業員5名が内部被曝(ばく)されました。7日、イランの首都テヘランでテロがありました。この時、国会と初代最高指導者を祀る廟(びょう)が襲撃されました。これによって18人の方が亡くなられました。ISが犯行を声明しました。9日、天皇陛下の退位を実現する特例法が参院で可決、成立しました。退位特例法がこうして成立したのです。12日には、日本のパンダの赤ちゃんが誕生しました。上野動物園では5年ぶり、5頭めの誕生です。シャンシャン(香香)と命名されました。

13日には、「毒性の強い外来種ヒアリを日本国内で初めて確認した」との発表がありました。すでに12の都府県で26例に及んでいます。中国を出港した船のコンテナなどから出て来たもようです。14日、ロンドンの高層住宅で大規模火災がありました。24階建て高層住宅で発生し、80人以上の方々が死傷されました。15日には、共謀罪の趣旨を盛り込んだ改正組織的犯罪処罰法が参院本会議で可決し、「共謀罪」法が成立しました。26日には、中学生の棋士・藤井聡太四段が、プロ初戦から無敗で、公式戦29連勝の新記録を打ち立てました。

7月には、以下のことがありました。2日、東京都議選において自民党が歴史的惨敗をしました。自民党は半減以下の23議席で史上最低になりました。第一党は「都民ファーストの会」でした。4日、北朝鮮が大陸間弾道ミサイルICBM「火星14」の発射成功を発表しました。これによってハワイやアラスカまでをも射程に収めました。5日、九州北部が豪雨不明者の方を含に見舞われました。福岡・大分の両県で、川の氾濫や土砂崩れが相次ぎ、死者と行方めその数は41人にも上りました。2017年の2月初頭に行われた年頭リーディングで、「2017年は水害が多いから気をつけるように」と、予告されたとおりになってしまいました。2017年はこの7月5日の九州北部での豪雨をはじめ、水害が多くあった年でした。

7日、核兵器禁止条約が採択されました。核兵器の使用や保有を禁止するものです。122ヵ国が賛成しましたが、世界で唯一の核兵器の被爆国である日本は、参加しませんでした。9日、ユネスコの世界文化遺産に福岡県の沖ノ島とその関連遺産群が一括して登録されました。沖ノ島は「神宿る島」と言われ、聖徳太子ともご縁のある所です。10日、イラク北部のモスルをイスラム国ISから解放しました。イラクの首相が宣言しました。イラク第二の都市です。イスラム国は物的拠点を失いましたが、予断は許さず、むしろ世界中に拡散し、あちこちでテロが行われ続けています。31日、森友学園の籠(かご)池泰典前理事長とその妻が逮捕されました。

8月には、以下のことがありました。17日、スペインのバルセロナでテロがありました。繁華街に車が突っ込み、100名以上の方が死傷されました。モロッコ人容疑者たちの組織的犯行でした。23日、全国高校野球選手権大会の決勝で花咲徳栄が広島の広陵を14対4で破り、埼玉県勢としては初優勝を飾りました。

9月には、以下のことがありました。3日、北朝鮮が6回目の核実験を実施しました。大陸間弾道ミサイルICBMに搭載する水爆であると発表しました。9日、陸上の男子100mで桐生選手が9秒98をマークしました。日本勢初の9秒台でした。日本選手としては初めて、10秒の壁を破る快挙でした。18日、プロ野球広島がセ・リーグで連覇しました。甲子園で阪神に勝ち、球団としては1979―80年以来、2度目の連覇となりました。25日、小池百合子東京都知事が、「希望の党」を旗揚げしました。これに民進党の議員たちが合流しましたが、その直後、小池氏の「排除」発言で力を失っていきました。

10月には、以下のようなことがありました。1日、アメリカのラスベガスで、ある男が銃を乱射しました。アメリカ史上最悪となる58名もの方々が、これで犠牲になられました。容疑者は自殺しました。2日、希望の党への合流を断念した枝野幸男元官房長官が、新党である「立憲民主党」の結成を表明しました。5日、ノーベル文学賞に、長崎出身の日系イギリス人カズオ・イシグロさんが受賞されました。2017年の日本人のノーベル賞受賞者は残念ながら出ませんでしたが、唯一、日系のイギリス人のイシグロさんが、文学賞を受賞することができました。6日、国際NGOの核兵器廃絶国際キャンペーンICAN(アイキャン)にノーベル平和賞が与えられました。核兵器禁止条約の成立に尽力したとの評価に基づきます。
 
17日、囲碁の井山裕太6冠が、2度目の7冠を独占しました。2016年に敗れた名人戦でタイトルを奪還しました。これで囲碁・将棋界で初の7冠に返り咲きました。22日、第48回衆議院選挙が投開票され、自民党が大勝しました。与党で3分の2を超える議席を獲得しました。公明党と合わせての数です。26日、プロ野球ドラフト会議で、日本ハムが東京の早稲田実業高校の清宮幸太郎選手との交渉権を獲得しました。31日、神奈川県座間市に9人の方々の遺体が切断されていることが発見され、白石容疑者が逮捕されました。被害者の多くは、自殺に関する呟きを接点とする若い女性の方々が大半でした。高校生女子も、数名含まれていました。

11月には、以下のことがありました。4日、ソフトバンクがパ・リーグの王者としてセ・3位のDeNA(ディーエヌエー)を4勝2敗で退け、2年ぶりの8度目の栄冠を飾りました。12日、イラン・イラク国境地帯で大地震がありました。マグニチュード7.3で、この両国において500人以上の方々が犠牲になられました。2017年2月初頭の年頭リーディングにおいて、「2017年は、日本・世界共に地震はあまりないだろう」と言われました。このイラン・イラク国境地帯での大地震は悲しい出来事でしたが、日本・世界を含めて見ると、1年間に起きる地震としては、2017年は最小限に留まりました。24日、エジプト・シナイ半島のモスクが襲撃され、305人の方々が亡くなられました。イスラム国系組織の犯行だったようです。29日、大相撲の横綱・日馬(はるま)富士が引退しました。同じモンゴル出身の幕内・貴ノ岩に暴行を加え、負傷させた責任をとってのことです。

12月には、以下のようなことがありました。5日、将棋の羽生(はぶ)氏が史上初の永世7冠を達成しました。竜王を奪取し、7つのタイトルで永世称号の資格を獲得したのです。6日、アメリカのトランプ大統領は、エルサレムをイスラエルの首都と承認しました。国連安保理では、イギリス、フランス、中国、ロシアなどの国々が揃って、このアメリカ・トランプ大統領の発言を批判しました。10日、スピードスケートW杯第4戦で、小平奈緒選手が女子1,000mで世界新の1分12秒09を記録し、優勝しました。日本女子初の偉業でした。22。
日、関西電力が福井にある大飯(おおい)原発1・21号機の廃炉を決定しました。たとえ稼動させても安全対策費などがかさみ、採算が取れないという理由によります。

2017年の世相を表す漢字は、「北」でした。北朝鮮のミサイル発射、核開発をはじめとして、「北」にまつわることの多かった年であったことを物語っています。また、2017年の流行語大賞には、「インスタ映え」「忖度(そんたく)」の2語が選ばれました。忖度とは、他人の気持ちをおしはかること、慮(おもんばか)りの意味です。この意味自体は良いもので、人が生きていく上で大切なことではあります。ただ、それが形式化、義務化する嫌いが感じられ、気になります。しかも、それを人に求める傾向があったようです。本来は、人に対して求めるものではなく、相手の方に対して自ら自然に心から為されるもののはずです。自分にしてほしい他者への注文となっているようで、望ましくありません。

2017年は、前年までと同様、世界的に見るとテロが目立ち、痛ましい限りでした。自然災害としては水害が、日本において目立ちました。これからの事前対策が求められます。世界的に見ると、「国家主義」が台頭しつつあります。世界最強の国アメリカ合衆国においても、トランプ氏が大統領に選ばれ、「国際協調よりも自国第一」を前面に押し出したことに、象徴的に表れています。それに対抗するかのように、日本でも安倍政権が支持され続けています。

「2018年以降どのようになるのか、またなると良いのか」「神さまはどのように願われ、人類に働きかけていかれるのか」。それに関しては、「2018年の展望」という年頭リーディングで伝えられることでしょう。

(ありがとうございました)〈了〉

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

Reader:ヨハネ・ペヌエル

浅野 信
新時代がすでに始まっています。このコーナーでは、ARIのオリジナル・リーディングのうち、時事の問題や未来予測に関するものを特にピックアップして掲載しました。

目的は、新時代の留意点を述べ、その方向性を示すことです。内容には、いわゆる「予言」も多少含まれています。

「予言」と言いますと、世間一般では、どうしても暗くて恐い、人々を威嚇するような否定的予言が多いのですが、真の予言はそうではありません。

私が世に示したいのは、希望の指針です。“どうなるか”という予測や透視的診断よりも、“どうなると良いのか”、“そのためにはどうすると良いのか”といった対策です。さらには、その際の心構え、知恵、それ以上に思いやり、配慮の大切さなどについてです。

これは難題や厳しい現実に目をつむったり、軽く捉えることではありません。むしろそれらをさえ生かす方向で意欲的に取り組むことへのお勧めです。

今のような難しい大事な時世に、このメッセージ・リーディングをご自身のため、また愛する大切なご家族、友人、さらには社会のために、どうぞご活用ください。